2017年5月22日月曜日

絵本紹介「だるまさんの」

こんにちは、NPO法人からだフシギの瀬戸山です。
春が来たかなと思ったら全国的に夏のようになっていますが、いかがお過ごしですか。

今日もご好評いただいている、あのコーナー。絵本紹介です。

今日、絵本を紹介してくれているのは、現役保育士の原山さん。
今日のお話は、これまたユニークな一冊です。


===================================
 だるまさんの

かがくい ひろし/さく


「目」「手」「歯」… だるまさんにあるもの、ぼくやわたしにもあるかな?

保育士になり、子どもは言葉で説明するよりも視覚的に物事を伝えた方が理解しやすいのだとよく感じます。

「今日はお外で遊んで、帰ったら手を洗って、その後お茶を飲むよ」とお話しするより、
園庭、水道、コップの絵や写真を並べて置くと、子ども自身がそれを見て行動しようとします。

保育士1年目で2歳児クラスを担任した際、1日の流れを表にしただけで、こんなにも理解できるのか!と私自身とっても驚いたことがありました。

そんな力を持っている子どもたち。

『だるまさんの』の絵本を見ながら身体のイメージを掴むのはあっという間でしょうね。


そして、何度も出てくる『だ る ま さ ん の』というフレーズ。私は、子どもたちと身体を左右に揺らしながらリズムも楽しんでいます。


お家で読む時は、子どもがパパやママの膝にちょこんと座って一緒にユラユラ♪

かわいいだるまさんと楽しい時間を過ごせそうですね!



 
にじいろ保育園 2歳児担任 原山千咲

===================================

この紹介文も原山さんが書いてくれたのですが、私はこの紹介文を受け取ったとき、原山さん自身が子ども達といっしょにユラユラしている絵が浮かんできました(笑)。

「だるまさんの」・・・で終わっているこの絵本のタイトル。
こりゃ、絵本の扉を開けてみたくなりますね。

ぜひ、みなさんも「だるまさんの」何が描いてある絵本なのか、お手に取って頂ければと思います。
 
 

  
子どもへのお話の伝え方や、子どものハートをキャッチする方法など、一緒に活動をしていると現役保育士さんから学ぶことが多いこと多いこと。各メンバーの持ち味が、十二分に活かせるような…そんなNPOでありたいな~と思っています。


 NPO法人からだフシギ 瀬戸山陽子

2017年5月9日火曜日

絵本紹介「めのはなし」

こんにちは、からだフシギの瀬戸山です。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。


最近、ちょこちょこと書かせて頂いているメンバーからの絵本紹介。
ご好評を頂いております。

・・・というわけで、今日も三宅さんから、こちらの絵本のご紹介です。

===================================
めのはなし

作・堀内誠一

めをつぶると、はっきりものが見えない。
ものを見るためには、光が必要。
っという切り口から始まり、
目をよく見ると、真ん中に黒いところがあって、
そこから光が入ってきて、
眼球の中の丸い部屋の奥の網膜という壁に映り、
そこから視神経を通って、脳に送られる。
…という風に、物の見え方についての説明がされています。

また光を調節する瞳孔の役割、
人種による瞳孔の色の違う・・・ということが書かれていたり、
目を動かす6本の筋肉の働きや、涙の役割、
睫毛や眉毛の役割がわかりやすく書かれています。

そして最後に見え方の錯覚や目を大切にしようというと呼びかけなどもあり、
絵も多く子どもが興味をそそられる内容が満載の絵本です。

対象は幼児後期くらいです。

埼玉医科大学 保健医療学部 看護学科 小児看護学研究室
 三宅美千代

===================================

三宅さんの紹介文で、この本を手に取ってみたくなっていませんか? ^^


いまこのブログを読むために使っているのも、皆さんの目。
本当に、私たちの体は、よくできていると思います。

これは、子ども向けの絵本です。
でも子ども向けの絵本は私たち大人にも、改めて、自分たちの体のすばらしさを見直すことを教えてくれる、素敵な材料のように感じました。

ではまた!

 
NPO法人からだフシギ 瀬戸山陽子



2017年5月1日月曜日

前回のミーティング報告

こんにちは、からだフシギの瀬戸山です。
新学期に入ってあっという間に1か月が過ぎてしまっていますが、からだフシギも、4月の終わりに今年度最初のミーティングを行いました。

 



今年度最初の顔合わせとあって、議題は主に、今年度の予定について。

子どもにからだのことをつたえるための教材に関しては、

・「わたしの体」8冊セット(でもこれ、実は次に販売されるときは9冊になります♪)の絵本の改訂
・新書の販売
・紙芝居の増刷

などなど。

また、子どもにとって身近な保育士さんや幼稚園の先生が子どもに体のことを伝えられるようになろう・・というコンセプトで始まった、からだ先生研修会の第3弾についても考えていかなくては・・というところです。


 
先日の会議では、この年度末で少し遠くに行かれたNPO法人からだフシギの理事長・菱沼さんもスカイプで参加してくれました!
 
(こちらの写真は、菱沼さんとつながった瞬間の写真!)
 
 
 


この日のメンバーをぐるっと見渡すと、

・スカイプ画面にいる基礎看護学の教員の菱沼さん
・小児看護の教員の三宅さん
・現役の幼稚園看護師の新谷さん
・小児看護の教員の世良さん
・小児科医の白木さん
・保育士や幼稚園教諭の養成課程の教員の西山さん
・小児看護の教員の稲葉さん
・元幼稚園教諭の渕さん
・幼稚園教諭の経験がある看護学生の渡邊さん
・基礎看護学の教員の大久保さん
・現役の保育士の原山さん
・写真を撮ってくれたBaby in Me代表でライターの村松さん、
・看護情報学の教員(ワタクシ瀬戸山)

という、なんとバラバラな(多様な)メンバー♪
 

 
こんな多様なメンバーで、

「みんなが、当たり前に体の知識を持つ社会」

を目指して、今年度も地道に活動を続けていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 NPO法人からだフシギ 瀬戸山陽子

2017年4月11日火曜日

絵本紹介「おしりをしりたい」

こんにちは、からだフシギ瀬戸山です。

先日の、「かがくのとも傑作集」の絵本の記事は、読んでいただけましたでしょうか?
今日はもう一つ、三宅さんからの絵本紹介です!

===================================
おしりをしりたい

作・鈴木のりたけ

~以下、三宅さんからの紹介メッセージです~

こちらもパラパラ読みなのですが、
いろんな動物のお尻や、お尻が付く言葉(お尻に火がつく等)のいろいろや、
人の進化とお尻の関係(二足歩行で重要な役割?)のようなことや、
お尻の解剖(骨と大殿筋)などの働きなどが分かり易く書いてありました。
お尻って子どもにとって永遠のテーマ笑なので、興味がそそるような書き方で、
面白そうな印象でした。



埼玉医科大学 保健医療学部 看護学科 小児看護学研究室
 三宅美千代
 ===================================


この絵本、中を少し見せて頂いたのですが、なんて面白い本!・・という印象でした。
お尻の解剖をとらえながらも、お尻にまつわる言葉や、人に進化の話まで!

 

お尻って、奥が深いですね。

こういうことを知っているだけで、お尻のみかたが変わりそうです。。

子どももお尻は大好きですが、大人にとっても、お尻って面白い存在。
まさに、「お尻を、もっと『知り』たくなる」、そんな一冊だと思います。
(また、ちらっと見たのですが、イラストがまた絶妙で、くすっと笑ってしまう感じ。)
 


まだまだ、他にも、体にまつわる楽しい絵本がたくさんありそう。。
この先も少しずつ、メンバーから体や生き方にまつわる本を紹介させて頂きます!
どうぞよろしくお願いいたします。



NPO法人からだフシギ
瀬戸山陽子


2017年4月7日金曜日

絵本紹介:かがくのとも傑作集「はなのあなのはなし」など

こんにちは、NPO法人からだフシギの瀬戸山です。

あっという間に新年度。
新しい生活が始まった方々も、いらっしゃるでしょうか。
桜の木の下を通ると、ちゃんと桜の香りがすることを楽しむ日々です。(ここで桜餅を思い出してしまうところが、花より団子・・なのかしら)


少し間が空いてしまいましたが、メンバーより、絵本紹介が届きました。
今日絵本を紹介してくれるのは、フレッシュメンバーな小児看護を専攻されている三宅美千代さんです^^

===================================
福音館書店:かがくのとも傑作集(柳生弦一郎著)

はなのあなのはなし

かさぶたくん

おっぱいのひみつ

あしのうらのはなし

(どれも対象年齢は4歳からです。)


埼玉医科大学 保健医療学部 看護学科 小児看護学研究室

三宅美千代

===================================
三宅さんは、「はなのあなのはなし」をパラパラめくってみたそうですが、「対象は4歳からで、絵と文で、鼻の役目を分かりやすく解説していました!」とのこと。

からだって本当にうまくできていますよね。
これは4歳から・・とありますが、もう少し上のお子さんでも、大人でも、面白いのではないでしょうか。鼻の穴を観察しながら、鼻の役割について、じ~~~っくり考えてみては?

新学期にあたって、お子さんに絵本を準備されている方々にも、おススメかもしれません。



実は三宅さん、もう一冊、絵本を紹介してくださっているんです。
その絵本も、何とも素敵な本でした。
それはまた次回に。ご期待下さい!

NPO法人からだフシギ 瀬戸山陽子




2017年3月7日火曜日

絵本紹介「はけたよ はけたよ」

こんにちは、NPO法人からだフシギの瀬戸山です。

新年度を迎えるにあたって、お子さんに絵本の準備をされている方はいらっしゃいますか。今日も、現役保育士の原山さんより、絵本紹介の記事が届きましたよー。

記事の中には、原山さん自身の、この絵本とのつながりも、エピソードとして載せてくれています^^
子どもを見守り育てる保育士ならではなのか、原山さんの人柄か、なんだかあたたかな視点を感じます。

どうぞお読みください。
======================================
はけたよ はけたよ
文 かんざわ としこ
絵 にしまき かやこ
偕成社


ひとりでパンツが履けないたつくん。
頑張って履こうとするけれど、どてん!
パンツを履かないで外へ出掛けると、いろんな動物がやってきました。
動物たちには、おしりにしっぽがあるけれど、たつくんにはしっぽがない。
お家に帰ると、お母さんはたつくんのおしりをじゃぶじゃぶ洗ってパンツを履くように言いました。

だけど、またどてん!
「しりもちついたまま履けないかな」。。。




あ!履けちゃった!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<紹介者 原山さんのエピソード>

この絵本は、私が保育士になる前、大学生の実習の時に、頑張ってね!と幼稚園の頃の担任の先生がプレゼントしてくれた大切な一冊です。

我慢しないでトイレに行くことも、パンツを履くことも、人間の生活にとって、とても大切なことです。
また、ここに登場する動物にはしっぽがあるのに、人間にはない。そんな違い、つまり人の体について知る第一歩にもなると思います。

トイレトレーニングや衣服の着脱など頑張っている子どもたちの背中を、ちょっとでも押してあげられるきっかけになればなと思っています♪

明日葉保育園 2歳児担任 原山千咲


======================================



・・・なんだかこの絵本を手に取ってみたくなる記事ではないでしょうか。


看護師や医師など医療職が中心だった「NPO法人からだフシギ」に、子どもの心をつかむのが上手な保育士の原山さんが加わってくれて、ちょうど1年くらいでしょうか。いまでは、子どものことは原山さんに聞こう♪と思ってしまいます。餅は餅屋・・ですね。

からだフシギの若手ホープです。

今後とも、応援よろしくお願いいたします。


NPO法人からだフシギ 瀬戸山陽子 


2017年3月4日土曜日

絵本紹介です:「おまえうまそうだな」

こんにちは、からだフシギの瀬戸山です。

不定期に行っている絵本紹介。体や健康のこと、生きることなどをテーマにした絵本を、ざっくばらんに紹介していきます。

第2弾も、西山さんから。以下、にしやまさんからの紹介文を引用します。

================================
おまえうまそうだな

作・絵:宮西達也
ポプラ社

赤ちゃんアンキロサウルスと大人のティラノサウルスとのお話です。

大人のティラノサウルスが赤ちゃんアンキロサウルスを
食べようとしたにもかかわらず、“おとうさん”と呼ばれたことから、
恐竜同士の交流が始まります。

子どもの育ちや教育、親子の絆、巣立ち等が凝縮され、
子どもと大人のそれぞれの思いに共感できることと思います。

恐竜が住む広大な世界が鮮やかな色合いで表現されています。
恐竜が好きな子ども、おとうとやいもうとが生まれた子ども、
おにいちゃん、おねえちゃんになりたい全ての子どもにお薦めです。



目白大学人間学部子ども学科 西山里利(主な担当科目:子どもの保健)

================================

私は知りませんでしたが、この絵本、皆さんはご存知ですか?
タイトルから、赤ちゃん恐竜が食べられてしまうのかと思いきや・・・・????


普段は、大学で幼稚園の先生や保育士を目指す学生を教えている西山さん。
まだまだ素敵な絵本を知っていそうな予感です。今後もご期待下さい。



NPO法人からだフシギ 瀬戸山陽子